中古車の購入を検討したり、愛車の売却を検討する場合に、まず思い浮かぶ中古車業者がガリバーなどの大手中古車業者かと思います。

「どこの中古車業者に相談しよう・・・」と迷っているときに、ガリバーをネットで検索をするとさまざまな口コミや評判を目にする事でしょう。

  • ガリバーなどの中古車業者の悪い口コミや評判って本当なの?
  • やめたほうがいい中古車業者ってどんな業者?

など中古車業者についてわからないこともたくさんあるかと思います。

ネガティブな口コミや評判を目にすると、「どの中古車業者を選べばいいんだろう」と結局良い中古車業者を選ぶことができないまま、時間だけが経過してしまうなんてこともあるでしょう。

今回は「中古車業者選びを失敗したくない」と思っている方に、やめたほうがいい中古車業者の特徴を詳しく解説します。

本当にガリバーはやめたほうがいいのかについても、どこよりも詳しく徹底解説しておりますのでぜひ最後までご覧ください。

やめたほうがいい中古車業者の特徴4選

やめたほうがいい中古車業者の特徴は以下の4つです。

  • 相場よりも極端に買取査定額が低い業者
  • 担当スタッフの対応がよくない業者
  • 「今なら」「今日決めてもらえれば」など多様する業者
  • 中古車保証がない業者

中古車を購入したり、愛車を売却する場合は、自分でも納得し気持ちよく取引したいですよね。

満足できる取引をするためにも、4つの特徴に該当する業者は出来るだけやめたほうがいいでしょう。

なぜやめたほうがいいのか具体的に解説していきます。

相場よりも極端に買取査定額が低い業者

愛車の売却の相談をした際に、相場よりも極端に買取査定額が低い業者はやめておきましょう。

中古車業者として利益を出すためには、車を安く仕入れて高く販売することで利益を出します。

この場合に中古車業者が、相場よりも極端に低い買取査定額を出すということは自社の利益を優先し売却主に寄り添えていない業者と言えるでしょう。

自社の利益を優先する業者は、取引完了後もトラブルになる可能性も考えられますのでやめたほうがいい中古車業者です。

売却主としてもやめたほうがいい業者を見抜くために、複数の中古車業者から査定額を出してもらいましょう

複数の査定額があれば、愛車の買取相場が把握できますのでこのようなやめたほうがいい業者を選択することがなくなります。

担当スタッフの対応がよくない業者

中古車の購入や売却を相談した際に、担当スタッフの対応がよくないなと感じたら取引をやめたほうがいいでしょう。

中古車の購入や売却の満足度は、担当スタッフによって大きく異なります。

担当スタッフがよくない場合、取引が円滑に進まないことや、取引後にトラブルに発展してしまうケースもよくあります。

「満足のいく取引がしたい」とお考えであれば、対応に少しでも疑問が生じた場合は一度話を保留にし、別の中古車業者へ相談してみましょう。

「今なら」「今日決めてもらえれば」など多様する業者

中古車業者によっては、「今なら」や「今日決めてもらえれば」などと執拗に即決を迫ってくる業者も多く、こういう業者はやめたほうがいいでしょう。

よくあるのは「今日決めてもらえれば値引きします」など、即決と値引きの駆け引きです。

このような駆け引きは中古車業者の中では必ずと言っていいほど言われます。

1回、2回レベルであれば許容範囲ですが、何回もしつこく「今日決めてください」と言ってくる業者はおすすめできません。

おすすめできない理由は、購入希望者や売却希望者が何か決めかねているので答えが出せないのにも関わらず、その問題を解決しようとしないからです。

問題を解決することなく取引をしても取引終了後にトラブルにつながる可能性が高いので、このような業者はやめておいたほうがいい中古車業者と言えます

中古車保証がない業者

有料の中古車保証がない中古車業者も、やめたほうがいい業者の特徴です。

中古車業者によっては「購入後1ヵ月または1000㎞」や「購入後3ヵ月または3000㎞」などの無料保証を受けられる場合も多くあります。

中古車はある程度の納車整備を行っていることから、納車直後の短期間で故障してしまうケースはほぼありません。

そのため短期間の保証は必要なく、長期間の保証に加入したほうがトラブルを防ぐことができます。

しかし、有料でも長期間の保証を取り扱っていない中古車業者もあるのです。

長期保証を取り扱っていないという事は、言い換えると購入後は「購入者でなんとかしてください。」と言われているようなものです。

購入者に寄り添ってくれる中古車業者であれば、長期保証を用意しており「加入する」か「加入しない」かを購入者判断で任せてくれるでしょう。

長期保証がない中古車業者は、購入後の車の故障時に困ってしまいますのでやめておいたほうがいい業者と言えます。

やめたほうがいい中古車業者の4つの特徴を詳しく解説しました。

では、ガリバーでの中古車売買は「やめたほうがいい中古車業者の特徴」に当てはまっているのでしょうか?

次にガリバーの中古車売買の特徴を解説していきます。

この特徴がない業者はやめたほうがいい?ガリバー中古車販売の4つの特徴

ガリバーの中古車販売には4つの特徴があります。

  • 全国約480店舗から車両を選ぶことができる
  • 徹底育成されたスタッフに対応してもらえる
  • 修復歴の有無がわかる
  • 長期保証をつけることができる

ガリバーの中古車販売には、やめたほうがいいとは言えないような「満足できる取引」を可能にしている特徴がそろっています。

全国約480店舗から車両を選ぶことができる

ガリバーは全国展開の中古車販売業者のため、全国約480店舗の中から好みに合った車両を探すことができます。

独自のネットワークで各店舗の在庫状況を共有しているので、良い車両を欲しいタイミングで見つけることが可能です。

専門スタッフによる車両の細かい点検も怠らないため、質の悪い中古車を手にする可能性は低いと言えるでしょう。

「良い車がなかなかないな」とお困りの方は、お気に入りの1台に出会えるかもしれません。

徹底育成されたスタッフに対応してもらえる

徹底育成されたスタッフに対応してもらえるのもガリバーの中古車販売の特徴です。

ガリバーは厳しい育成制度のもとに、スタッフを育成しています。

購入希望者の生活シーンや車の使用状況から、最適な車種選びをお手伝いすることが可能です。

購入後もなにか困った時に親切に対応してもらえるので、車種選びから購入後のアフターフォローまで安心して任せることができます。

「今までいい営業さんに会ったことがないな」と感じている方も一度ガリバーに相談してみるといいでしょう。

修復歴の有無がわかる

ガリバーで販売している中古車は、専門スタッフにより徹底検査のもと修復歴を判断し、全ての車の修復歴を開示しています。

修復歴がある車とは、事故などにより車のフレームと呼ばれる骨格部分にまで損傷が発生し修理をした車両のことです。

中古車に修復歴があると、たとえ綺麗に修理されていたとしても故障や不具合などのリスクが高くなってしまいます。

ガリバーでは購入者には安心安全のカーライフを送ってほしいという思いから修復歴を開示し、どのような車両なのかを把握したうえで購入することができるのです。

長期保証をつけることができる

ガリバーで販売されている中古車には、長期保証を付けることが可能です。
※保証内容により一定の条件があります。

保証内容には種類があり1年から5年など、車の使用期間に合わせた保証に加入する事ができます。

購入後最大で10年の保証を付けれるのはガリバーならではの特徴でしょう。

輸入車にも保証を付けることができるので、ガリバーは購入後のサポート体制も万全と言えます。

やめたほうがいい業者を見極めるために知っておこう!ガリバーの中古車買取の3つの特徴

ガリバーの中古車買取には3つの特徴があります。

  • 全国的な相場をもとに買取価格が決まる
  • コストカットを徹底する事ことで高価買取を実現している
  • 良いところを評価するプラス査定

愛車を売却するのであれば、できるだけ高値で売却したいですよね。

ガリバーには高値で売却できる理由がありますので1つずつ解説していきます。

全国的な相場をもとに買取価格が決まる

ガリバーは全国約480店舗があるため、全国的な相場をもとに買取価格が決まります。

手放す地域では需要が少なくなかなか金額が付きにくい車両でも、全国的な需要や相場で金額を決めれるため、高価買取を可能にしているのです。

例えば4駆の車両を見てみると、降雪地域とそうでない地域での取引金額には大きな金額の差がでます。

雪が少ない地域で4駆を売却しても相場通りの金額になりますが、降雪地域で4駆を売却すると相場より高い金額で売却することも可能なのです。

ガリバーは全国相場で買取価格を決めるので、雪が少ない地域で4駆を売却しても降雪地域の高い相場で売却することができます。

「買取価格は低いだろうから、売却はやめたほうがいいな・・・」と思っている方もあきらめる前に、相談してみる価値のある業者です。

コストカットを徹底することで高価買取を実現している

ガリバーはコストを徹底カットすることで中古車の高価買取を実現しています。

一般的な中古車業者は、買取した車両を業者オークションに転売するか自社在庫としてかかえることしかできません。

業者オークションに転売するにも、陸送費やその他経費がかかりますし、自社在庫としても在庫管理費が必要です。

そのため大手のような規模間がないと難しく、その分を考慮し買取価格を決める必要があります。

一方でガリバーで買取した中古車両は、全国約480店舗の独自ネットワークで共有されるので、買取車両を欲しいという購入希望者をすぐに見つけることができます

そのため、自社の在庫管理費も最低限で済みますし、その他コストがかからずに買取車両を再販することができるのです。

以上のように余分なコストがかからないため、その分を買取金額に上乗せし中古車を高価買取しています。

良いところを評価するプラス査定

査定車両のいいところを評価するプラス査定もガリバーの中古車買取の特徴です。

一般的な査定は車両のマイナス点を見つけて減点し評価を決める減点方式で査定金額を決めます。

ガリバーではその逆で、オプションや綺麗なところをプラス査定し相場の価格からさらに上乗せして買取金額を決めるのです。

大切に乗ってきた愛車のいいところを見つけてもらう査定なので、気持ちよく取引ができると評判の査定となっています。

以上のようにガリバーにおける中古車売買の特徴を解説しました。

では、ガリバーの実際の評価はどのような評価が多いのでしょうか?

ガリバーはやめたほうがいい?ガリバーの評判は大手だからこその評判が多い

ガリバーの評判をネットで調べると、大手中古車業者特有の悪い評判や口コミが多くあります。

なぜ悪い評判や口コミが多いのでしょうか?

それはどんなに良いサービスやシステムであってもある一定数の人は、その中で行き届いてないところを探してネガティヴに捉えるからです。

さらにガリバーは全国で対応する顧客数も多いため、悪い評価をする人も多いと言えます。

人間は誰しも良いところより悪いところが目についてしまい、悪い評価は良い評価よりも早く拡散されます。

その心理が働き、悪いところが目につきそれをそのまま口コミに書き評価していく。

この悪循環が起こっているので、ガリバーをネットで調べると「やめたほうがいい」といった悪い評価が目立ってしまいます。

では実際にガリバーの中古車売買におけるよくある悪評を紹介します。

やめたほうがいい?ガリバーの中古車売買におけるよくある4つの悪評

ガリバーの中古車売買におけるよくある悪評を4つ紹介します。

これから紹介する悪評は、口コミや評価を調べた中で最も多い内容です。

どのような事実があるのか参考にしてください。

納車整備プランや保証などの営業がしつこい

納車整備プランや、保証への勧誘営業がしつこいという悪評です。

1回や2回断っているのに何回も「加入はどうですか?」と営業されるケースですね。

このケースは購入者の立場からするとしつこいと感じてしまい、売買をやめたほうがいいのではと思います。

一方でガリバーの担当者の立場からはどうでしょうか。

せっかく気に入って購入していただく車両なので、長く安心して乗っていただきたいという気持ちのあらわれと捉えることもできます。

購入する車は「新車」ではなく「中古車」です。

納車後どこでどのようなトラブルや故障が起きるか誰も予想ができません。

トラブルを起こさないように、故障しても保証で直せるようにと思って営業されてるのではないでしょうか。

少し耳を傾けてあげるだけでさらに満足できる車の購入ができそうです。

写真と実車の状態が違う

ガリバーでは他店舗の車両を写真を見て判断するのですが、その写真と実車の状態が異なるという評判もありました。

これは特に車両についている傷についての口コミが多いです。

実際に購入する立場からだと、写真を見てキレイで気に入ったから購入を決めたのに実車を見ると傷も多いなんてことがあると嫌ですよね。

しかし、写真は光の反射などでボディの傷をすべて写すことができません。

どうしても写真だと視認しにくくなってしまい車はキレイに見えてしまいます。

これはガリバーが悪いとか写真が悪いとかではなく、仕方のない事でしょう。

もし細かな傷なども気になるようでしたら、現車確認する必要があります。

そのため、現車確認できる店舗で購入を検討されたほうがいいでしょう。

スタッフの対応が悪い

ガリバーのスタッフの対応が悪いという評判も多く見られました。

高い買い物をするのに、担当のスタッフの対応が悪いと気分も悪くなり、売買をやめたほうがいいと感じますよね。

しかし、人には相性がありその人と「合う」「合わない」という事があるのも事実でしょう。

ガリバーのスタッフは徹底的な育成をされて現場で車を販売しています。

全てのスタッフの対応が良いとは言い切れませんが、ガリバーのスタッフが評価されて多くの店舗を展開出来ていることも事実です。

そのため、ガリバーのスタッフの対応が全て正しいわけではないですが、その人との相性も大きく関係してくる口コミだとも言えます。

車は大きい買い物なので、対応に疑問が出たらスタッフを変えてもらう、もしくは店舗を変えて車を購入しましょう

買取査定額が低い

ガリバーは買取査定額が低いという口コミや評判も多く見られました。

自分が今まで大事に乗ってきた愛車に高値を付けてもらえないと残念ですよね。

しかし、各中古車業者には得意な車種や不得意な車種があることも事実です。

例えば、軽自動車に強い店舗もあれば、普通車に強い店舗もあるようにその店舗や時期によって高値を付けられない車種も出てきてしまうでしょう。

そのため、買取査定については複数の中古車業者で査定額を出して上手く交渉することでガリバーでも納得のいく価格で買取してもらえることもありますので参考にしてください。

ガリバーはやめたほうがいいという評判の悪さは認識違いが多い

ガリバーの評判が悪いのは、ガリバーのスタッフと購入希望者や売却希望者との間で、認識の違いがあることが多いということでしょう。

当然のことですが購入希望者や売却希望者は、スタッフがどんな気持ちで対応や、おすすめをしているのかなんてわかりません。

スタッフの言動などに疑問が生じると、ネガティヴな捉え方をしてしまうことも多いでしょう。

しかし、スタッフの言動は実はトラブルを未然に防ぐための言動だったということも多いかと思います。

さらには人と人には相性などもあるため、スタッフとしては普通に対応していても、対応が悪いと捉えられることもあるでしょう。

評判が本当に悪ければ、ここまでの店舗展開は不可能だと思います。

認識や捉え方の違いで「やめたほうがいい」といった悪い評価もありますが、全てを真実と捉えるのは違うのかもしれませんね。

ガリバーでの中古車売買はやめたほうがいいというのは本当?

ガリバーの中古車売買の特徴について詳しく解説してきましたが、「ガリバーでの中古車売買はやめたほうがいい」というのは本当ではありませんでしたね。

やめたほうがいい中古車業者の特徴は以下の4つでした。

相場よりも極端に買取査定額が低い業者
担当スタッフの対応がよくない業者
「今なら」「今日決めてもらえれば」など多様する業者
中古車保証がない業者

ガリバーでの中古車売買はこの4つのどれにも当てはまりませんでしたね。

ネットでよくあるガリバーの悪評も紹介しましたが、認識の違いや人との相性が原因の悪評ばかりでした。

やめたほうがいい中古車業者の特徴を覚えて頂き、中古車業者選びを失敗しないようにしましょう。

ガリバーは困ったときには一度相談してみたくなる優良な中古車業者なので、頼ってみるのもいいでしょう!

This article is a sponsored article by
''.