車の売買を考えている人にとって大切なのは、お金やトラブルについての問題です。

とくに大切な愛車を売却したいと考えている人にとっては、「どれだけ高く売れるか」や「売却中や売却後のフォロー」への関心が高いといわれています。

そのような人のなかには、まず中古車を売る店を検討している人も多くいらっしゃると思います。

そして、同じく中古車の売買を考えている多くの人に選ばれているお店が「ガリバー」なのです。

ガリバーは国内での中古車販売実績がナンバーワンということで知られており、実際に年間の買取台数も圧倒的といえる数字をたたき出しています。

そんなガリバーには「クレームガード保証」という制度が用意されています。

なかには初めて聞いたという人も多くいると思いますが、これに加入するべきかどうかで迷うということがあります。

そこで、今回はこのクレームガード保証についてメリットとデメリット両方の側面から調べてみたので、徹底的に解説したいと思います。

クレームガード保証ってなに?

画像: クレームガード保証ってなに?

まずは、ガリバーのクレームガード保証について解説していきます。

このクレームガード保証を一言で表すならば「クレームを防ぐための保険」といえるでしょう。

そもそも中古車の売却において、クレームが発生することがあるという認識がないと必要性がわからないと思います。

たとえば、自身の車を売却する際に申告していたり売却店が把握しているキズや修理歴などについては問題はありません。

売却をする時点でお互いに認識しているキズや修理歴などは、それを含めた価格で売却することになるので大丈夫というわけです。

しかし、実際に売却したあとに中古車を売る際に、新たな修理歴や欠陥が発覚した場合に損害賠償請求などのクレームが発生してしまうことがあるのです。

そのために、ガリバーではクレームガード保証にはいることで防ぎましょうというように勧めているということなのです。

クレームガード保証には加入すべき?

画像: クレームガード保証には加入すべき?

結論から申し上げますと、中古車の売却で心配をしたくないなら加入すべきといえます。

後ほどデメリットも説明しますが、やはり中古車の売却というものは小さな金額でも数万円は発生します。とくに相場の高い車の場合は数百万円という金額にもなることがあります。

そのように考えたときに、やはりクレームガード保証に加入しているという安心感は精神的にも実用面でも大きな効用があります。

クレームガード保証のメリット

では、実際にどのような状況でクレームガード保証が使えるかを解説していきます。

たとえば、あなたが愛車を100万円でガリバーに売却するとします。

そうすると、ガリバーが買取料金として100万円を振り込むことで取引が終了するというのが一般的な契約の流れです。

ただし、ここからが中古車売却の大切な部分となります。ガリバーは買い取った車両をオークションにかけることで売却益を得る必要があるのです。

このオークションは専門業者によるもので、オークションには専門の査定人がいて出品される車両を細かくチェックしていきます。

この際にガリバーが見つけることのできなかった欠陥や修理歴が見つかった場合は、100万円以上の値段がつかずに損益が発生することが多いです。

このとき、ガリバーは損している分を売却主に損害賠償請求することができてしまうのです。

国民生活センターの事例にあるように、「売買の目的物か通常有すべき性能・品質を有していないこと」に関しては瑕疵担保責任が発生することがあります。

これによって売買契約において車両売却分の金銭が振り込まれている場合でも、請求することができるのです。

つまり、こういった事態を未然に防ぐためにもクレームガード保証に加入するメリットがあるということです。

また、売却する車両を中古で購入している場合も加入しているメリットが大きいです。

つまり、ガリバーが売却する際に検査はしてくれますが、より専門的な検査が行われた際に自信が把握できていない修理歴が出てくることがあります。

そのような場合は損害賠償請求の可能性があるので、中古で購入している場合はクレームガード保証に加入するメリットを受けることができます。

クレームガード保証のデメリット

クレームガード保証に加入するメリットがる一方でデメリットも存在します。

それは瑕疵担保責任がどれだけ売却主に問われる可能性があるかという点についてです。

実はこの瑕疵担保責任というのは一般的に専門のスキルを有していない人物同士の場合は成立することが多いのですが、一方が専門のスキルを有している人物の場合は成立しない可能性が高いです。

実際に、一般社団法人である自動車公正取引協議会にあるように、「販売店は車のプロですから、通常の注意を払えば修復歴を発見することが出来た(重大な過失があった)と判断されますので、相談者に瑕疵担保責任を求めることはできません」といった判断が一般的には下されることが多いです。

つまり、クレームガード保証に加入しても実際に請求されるケースが少ないために効果を発揮できない可能性が高いことがデメリットといえます。

ちなみに料金に関してはホームページで公開していませんが、一般的には売却金額に応じて料金も変動してきます。そのため、通常ならば5000円~10000円程だといわれています。相場よりも高い売却額の場合でも20000円ほどだと思われます。

まとめ

ガリバーのクレームガード保証に加入するべきかという視点で解説してきました。

デメリットとしては一般的に瑕疵担保責任が発生したとして損害賠償請求をされることが少ないという点でした。つまり、あまり使わないものにお金をかけることがデメリットというわけです。

しかし、メリットとしては損害賠償請求をされた際に手出しをする必要がないということです。

とくに売却する車両を中古で購入している場合は、自分でも把握していないような瑕疵が存在する場合もあります。また、ガリバーが最も高い購入額を提示してくれている場合は加入しておいた方が、リスク回避という点においてもトータルでプラスになると考えられます。

もちろん、このクレームガード保証については実際に売却を相談する際に聞いてみると、より正確な返答が得られると思います。

みなさんも一度、車を売却する際はガリバーで相談してみてはいかがでしょうか。

This article is a sponsored article by
''.