中古車の売買というものには一定のリスクが伴うことが多く、それを懸念して利用を控えている人もいるのではないかと思います。

たとえば、重大な欠陥があることを隠して販売していたり、売買後のトラブルには一切の責任を負ってくれないなど、車を売買したい人にとってはリスクの高い要素が多いといえますね。

しかし、そういった中古車特有のリスクを軽減してくれる保証や体制を整えているのが、大手中古車専門店と呼ばれている企業です。

そのなかでも「ガリバー」は日本の中古車市場の黎明期から活動している企業であり、車に興味がないという人でも名前だけは知っているのではないでしょうか。

とくに地上波放送でテレビCMを放映しており、全国に中古車専門店で最大の店舗数を展開するなど積極的に中古車市場をけん引してきた存在でもあります。

そのため、現在では東証一部に上場している大企業となっており、その運営体質や高いサービスには注目が集まっています。

なかでも、「ガリバー」は他社と比較してもユーザーに対するサービスが充実しており、顧客満足度も非常に高い値を推移しています。

そのため、インターネット上で「ガリバー」の評判を調べてみると、「クレーム対応が良い」という口コミが多く散見されるなど、高く評価されています。

実際に中古車の取引きにおいて、ユーザーの多くが懸念する材料としてクレーム対応を挙げています。

そこで、今回は「ガリバー」のクレーム対応に関する評価は本当か?ということを中心に、クレーム対応の仕組みと取り組みについて調べたので、紹介していきたいと思います。

クレーム対応は本当に良い?

画像: ガリバーさんのクレーム対応を紹介します!

ガリバーさんのクレーム対応を紹介します!

最近では中古車の取引きに関して、事前にインターネットを利用して専門店の情報を調べているという人が多くいます

そのため、どうしても企業の対応や質が悪い場合は低評価がつけられることも多く、次第に人気を失っていきます。

そのなかで「ガリバー」は、クレーム対応が良いという口コミが多く散見されるなど、高評価を獲得しています。

では、本当にクレームに対する対応は良いのでしょうか?

結論から申し上げますと、「ガリバーのクレーム対応はしっかりとしており、高い評価を付けることができる」といえます。

とくに、他社と比較した際にクレームそのものへの対応はもちろん、”クレームに発展させないための工夫”がなされていることが特徴といえます。

それでは、具体的に一つ一つ確認していきましょう。

クレームに発展させない接客

画像: ガリバーはクレーム対応が良いって本当なのでしょうか?

ガリバーはクレーム対応が良いって本当なのでしょうか?

「ガリバー」が中古車専門としてトップを維持し続けている理由の一つに、他社と比較しても接客のレベルが高いという点を挙げることができます。

とくに、その接客においてはクレームを解決する能力はもちろんのこと、”クレームに発展させない”ための接客という特徴があります。

たとえば、愛車を売却する場面では、査定額や最低方法などについてユーザー側からクレームが入ることが多いです。

しかし、「ガリバー」では”ユーザーの話を徹底的に聞く”という姿勢があるため、重要な商談の場面でもクレームに発展することは少ないのです。

まず、「ガリバー」では愛車を売却したいユーザーに対して、査定のために事故歴や修復歴などについてヒアリングを行います。

一般的な中古車専門店では、このような修復歴や事故に関する質問だけで終わってしまうことが多いです。

しかし、「ガリバー」はユーザーが大切に乗ってきた愛車だからこそ、売却の背景や日常的な乗り方についても徹底的に聞くようにしています。

愛車への思い入れもヒアリング

修復歴や事故歴を把握することは車を査定するうえで大切ですが、日常的な乗り方やメンテナンスの有無も重要となってきます。

そのため、どのように愛車に乗ってきたのかという思い入れをヒアリングすることで、日常的なメンテナンスなどの有無を測るだけでなく、ユーザーの気持ちをも前向きにさせているのです。

新しい車を購入するという理由だけでなく、車を利用しなくなったという理由で売却する人も多くいます。

そのため、思い入れのある愛車を売却するときに親身になって話を聞いててくれるという姿勢がユーザーへ安心感を与え、クレームの減少にもつながっているのです。

売却した後も安心

画像: 売却した後のガリバーのクレーム対応を解説!

売却した後のガリバーのクレーム対応を解説!

愛車を売却するために商談を行い、その価格に納得がいくと多くの人がそのまま売却を行うと思います。

しかし、売却後にお金を請求され、当初の査定額よりも受取額が減少したというトラブルも存在するのです。

それが、”瑕疵担保責任に基づく損害賠償請求”というものであり、少ないながらもトラブルに巻き込まれるユーザーも増えています。

具体的に説明をすると、ユーザーが売却した車に把握できなかった重大な欠陥が存在し、これにより不利益を被った場合に中古車専門店がユーザーに対して損害賠償請求を行うというものです。

このトラブルに関して「ガリバー」が用意したのは「クレームガード保証」という保証サービスです。

これは、売却額に応じた保証料金を支払う代わりに、瑕疵担保責任に基づく損害賠償請求が行われたときに保証を利用することができるというものです。

もちろん、支払える金額の上限はありますが、多くの場合で保証金額以内の請求となる場合が多いです。

このように、「ガリバー」では売却する前の商談はもちろん、売却した後に起こるトラブルを防ぐために「クレームガード保証」を用意するなどユーザー目線でのサービスを多く提供しています。

購入の際にも保証を用意

中古車の売却だけでなく、新たに中古車を購入するという場面でもクレームが発生することがあります

とくに、中古車は故障やトラブルリスクを抱えていますが、購入した後に多くの修理が必要となった場合には、専門店へクレームを入れることが可能です。

しかし、そこで誠実な対応をしてくれる専門店は少なく、多くの場合で自己責任となることが多いです。そのようなユーザーのために以下の保証サービスが用意されているのです。

  • あんしん10年保証
  • あんしん5年保証

これは、国産車で最長10年間・輸入車で最長5年間となる長期間の保証のことであり、「ガリバー」で中古車を購入する人の多くが加入しているものです。

やはり、中古車を購入したとのトラブルが起こった場合は、クレームを入れるだけでは解決しないことが多いです。そのために、このような長期保証に加入することで安心感も増し、クレームを入れた際でも長期保証を利用した解決を迅速に行うことができるのです。

まとめ

今回は、「ガリバー」って本当にクレーム対応がいいの?という観点で、色々な工夫や取り組みを紹介してきました。

とくに、インターネット上でもクレーム対応が良いと評判であり、実際に多くの人が「ガリバー」を利用した上で、高評価をつけています

そして、単純にクレームに対応するというだけでなく、事前にクレームを発生させないための工夫と取り組みも用意されていました。

このようなユーザー目線でのサービスを充実させている中古車専門店は珍しく、初めての中古車売買という人にもオススメできます。

ぜひ、みなさんも一度「ガリバー」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

This article is a sponsored article by
''.